2020年5月10日 印綬 – 学問研究・教える星
  • ┗通変星・十二運星
  • ┗四柱推命・算命学ばなし

今日は印綬 – 算命学では玉堂(ぎょくどう)星。

 

関連記事

通変星と十二運星とは

比肩 – 独立独歩のマイウェイ星

劫財 – チームワーク・協調の星

食神 – この世を楽しむ遊び人

傷官 – 男はナイーブ・女は毒舌

偏財 – お人好しの商売星

正財 – 真面目で堅実・蓄財の星

偏官 – 猪突猛進!肉体労働!

正官 – “ちゃんと”しているものが好き

偏印 – 変人だって気にしない!自由と革命の星

自分の四柱推命の星を見るにはこちら

四柱推命鑑定書を出す

 

印綬

 

さて、通変星ラスト!

知性の星、習得本能、インテリ星・印綬です。

 

印綬は母性が強く優しい星。

男女問わず、とても優しく穏やかな性格です。

 

革命の知性、偏印とは違い、印綬は伝統を守ります。

学んだものをそのまま後世に伝えていく師の星ですので、
印綬を(特に月柱や大運一旬目)に持てば、学問研究、教える仕事にむいています。

行動力には欠けるので、完全にブレーンタイプ。

会社内などでは知能派な役割を的確にこなしてくれるはず。

例えば部下が印綬を持っていたらできる限り論理的に話してあげた方がわかりやすいはずです。

印綬はちょっとプライドが高い星なので、『あ、こいつ頭悪いな』と思われると見下されます(笑

一方で尊敬してもらえるととても仲良くしてもらえるのですが(笑

 

ブレーンといっても、シカマルのような実戦にも出撃するブレーンではなく、
とにかく部屋で学び、考えているのが好きなタイプですかね。

鬼滅でいうと、お館様・・・産屋敷耀哉さんがイメージに近いです。

 

恋愛・婚活においては、正官と似ていて、『ちゃんとしていること』が重要。

変わり者や突拍子も無い人に惹かれちゃう偏印とは対極にある気がします。

あとは知性です。

知性が欠けると判断されたら興味を持ってもらえません。

十二運星で何が組み合わさるかによってはちょっとマザコンになる可能性も。

 

主星印綬の有名人は向井理さん、イチローさん、タモリさん、久石譲さん、鳥山明さん。

 

通変星、いかがでしたでしょうか。

そういえば鬼滅主要キャラで全然善逸が出てきませんでしたが、善逸は掴みにくいですねえ。

ビビリな感じは十二運星だとやりやすいのですが、通変星となると・・・

勝手なイメージですが、日柱十干は辛(かのと)かな?とは思っています。

あのキャピキャピした感じが。

 

さて次回からは十二運星連載します♩

 

大園あい梨

 

 

今月以降、四柱推命の各種講座、すべてZOOMでやる予定です。

それぞれの違いと特徴は以下の通りですお月様

 

◆5/14 四柱推命初級では、星の元になっている60干支について。ここから全てが始まる。

 

5/23 こども四柱推命②ではまさに十二運星を、お子様に特化した見方でやっていきます。

どこを伸ばしたら、どういう育て方をしたら才能大発揮できるか、エネルギー編。

 

5/29 四柱推命中級①では通変星・十二運星を扱いますが、鑑定士育成目線でやります。

恋愛結婚、恋愛的好みのタイプ、金運とか仕事運とかもここ。

 

6/6 こども四柱推命①は通変星をお子様向けに特化して。

どこを伸ばしたら、どういう育て方をしたら才能大発揮できるか。適性別編。

 

◆6/18 四柱推命中級②では運勢と天中殺を扱います。

仕事がどうなるか、とか恋愛結婚のタイミングはここ。

 

6/22 ZOOM/四柱推命日取り選び講座は、四柱推命的日取り選び。いい時に爆進力を、調子悪い時によくする方法を学ぶ。

あと自分の一年のカレンダーをみる。

 

どの講座を受けたらいいかわからない!

という方はDMやイベントページのチャットからお問い合わせくださいね。

 

Please follow and like us: